イケメン宇宙飛行士 大西卓哉さん(JAXA宇宙飛行士)とは


スポンサーリンク

大西卓哉JAXA宇宙飛行士が2016年6月から、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在することが決まり、先日もテレビでお見かけしました。

野口聡一飛行士曰く「日本人初のイケメン宇宙飛行士!」との事で・・・
ベテラン宇宙飛行士の宇宙滞在が続きましたが久しぶりの30代になるようですね。

(提供:JAXA)

(提供:JAXA)

大西飛行士は1975年、東京生まれ。1988年に東京大学工学部航空宇宙工学科卒業後、パイロットを目指し全日空に入社。 副操縦士として大西飛行士は、コックピットでキャプテン(機長)を補佐し安全な空の旅を実行していらっしゃった方。

小さい頃見た映画「スターウォーズ」がきっかけとなって宇宙に夢中になった。と、お聞きしていましたが、テレビの談話では大学生の時に見た映画「アポロ」もお話にあがっていました。

「スター・ウォーズ」で宇宙に興味を持ち、「アポロ13」で宇宙飛行士を意識されたんですね。(たぶん「2001年宇宙の旅」なんかもお好きでしょう?)

趣味はダイビングや映画、観劇と幅広く、アルトサックスも習っていたとか。大西さんのANA時代の新人研修担当者は後に広報担当として大西飛行士と映画監督・矢口史靖さん(映画HAPPY FLIGHT、スウィングガールズなど)の対談に立ち会ったそうです。

多趣味な大西さんらしく、宇宙飛行士選抜では最終試験の一発芸で「一人ミュージカル(夢から醒めた夢)」を披露し、それまでの真面目な印象を「半ばやけくそで」破り、チームの雰囲気を一気に盛り上げられたとか。

趣味も興味も幅広く、NASAでも人気者のようで、真面目な話だけでなく雑談もできる「可愛がられキャラ」のようです。

そんな大西さん、テレビではちらりと左薬指に光るものが。

プライベートでは、宇宙飛行士候補者に選ばれた後にご結婚、訓練中の2010年3月に女の子がお生まれになり、宇宙飛行が決まって「パパはお仕事で遠くに行くよ」と告げると「一緒に行く」とお話したそうで「長期滞在時にどんな感受性をもって見てくれるか楽しみ」との事。

聞き間違いだったのでしょうか?「高所恐怖症」??

夢ではない火星着陸。「冷静沈着」で今後の活躍に期待しています。

自らアイデアを出したという大西さんのミッションロゴはこちら

思い出した本(字がちょっと私的には小さかったけど・・・)

スポンサーリンク