海外旅行用トラベルプリペイドカードを韓国旅行想定で調べてみた。


スポンサーリンク

旅行に行きたいな~。と、思いつつ、なかなか行けない現実。また行きたいなぁ、と「韓国旅行」を想定し、妄想していました。
「海外旅行用トラベルプリペイドカード」なるものを見つけました。トラベラーズチェック、クレジットカード、現金でもない、安全な新しい海外旅行のお金の形。 「プリペイドカード」なので簡単に言えば「入れた額だけ使える」というもの。(ナナコちゃんのカードとか、「わぉん!」と鳴くカードみないな海外版)

いつか、また韓国へ行くとき用に、3つほど(キャッシュパスポート、Yubisashi Club Card、マネパカード)を候補で調べてみたので、書き残します。

キャッシュパスポート

カードブランド:MasterCard®

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7つの通貨
●海外専用トラベルプリペイドカードです。日本国内でのご利用はできません。
●お申込みいただいてから1週間程度でお手元にお届けいたしますが、余裕をもってお申込みください。
●ご利用いただくには事前にカードへのチャージが必要です。
現金両替ではポイントは貯まりませんが、Tポイント付きキャッシュパスポートなら海外でMasterCard®加盟店での利用や、MasterCard®対応ATMで現地通貨が引き出してもTポイントが付いてお得
※日本国内ではご利用いただけません。
年齢制限はありません
銀行口座を開設する必要はありません。
入金時の為替で固定されるので、為替変動にも強い。

残金の払い戻しも可能(所定の手数料がかかる)

Tポイントが付くのがうれしいかな。

韓国ウォンが直接ないので、どうするのか問い合わせたところ「円で入金しておいてください。」との事。
現地で使う時、ウォンに換算して支払いとATMで現金として引き出せるそう。

Tポイントが貯まる「Tポイント付きキャッシュパスポート」申込み / アクセスプリペイドジャパン株式会社

Yubisashi Club Card (指さしクラブカード)

カードブランド:㈱クレディセゾン(NEO MONEY)を利用

韓国・ウォン対応
特に、アジア通貨では、大幅にお得
帰国後、使い切れなかった残高は次のご旅行で利用でき、無駄がありません。
※残金の払い戻しも可能です。(所定の手数料がかかります)また、残った残金は国内のショッピングにも利用できます。
・YUBISASHIアプリ内のコンテンツ(書籍)が無料取り放題
・Yubisashi Shopで指さし書籍が会員特別価格
・プレミアムクーポンなどの会員限定サービス
 VISAのお得なご優待
 ホテル優待特典/ツアー割引特典
 免税店(韓国・シンガポール・インドネシア)5~15%OFFなどロッテ免税店(ロッテDFS)の通年優待特典など
利用明細が確認できるので、経費チェックが容易
どこで引き出しても為替レートは共通
※以下の店舗ではご利用いただけませんのでご注意ください。
・機内販売/船内販売など
・ホテル・レンタカーなどでのデポジット(支払保証)を目的としたご利用
 ※ホテル・レンタカー料金の精算にはご利用いただけます。
・高速道路料金、ガソリンスタンド(一部を除く)お支払い
・インターネットプロバイダーや有料視聴放送、電話料金、公共料金、保険料など月額/継続契約の利用料金のお支払い

韓国語会話のあるYUBISASHIアプリがいい。イラストもかわいくてこれだけでも欲しくなりました。

ロッテ免税店での優待と「残った残金は国内のショッピングにも利用できます。」という所も魅力を感じました。

ホームページも全体にかわいいイラストがあって、やさしい感じが好感。

Yubisashi Club Card

(余談:アプリについてメールにて問い合わせたところ、内容関係について検索してくれたようで、親切だった。普通なら「タブレットの販売元にお問い合わせください。」ってくるような件だったので、感激。)

マネパカード

東京証券取引所市場第一部に株式上場のネット専業FX会社 株式会社マネーパートナーズが運営

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨をチャージすることができる。しかもレートが良いと思った時に円から外貨に両替をしておけば、いつでも両替した時のレートでご利用いただけます。

他社のプリペイドカードと比べてもマネパカードの手数料等コストは抜群の安さ。

入会金、年会費、チャージ手数料、ショッピング決済手数料などがかかりません。

ICカードですので偽造やカード情報を盗まれたりせず不正利用を防止できます。
カードショッピング保険で、カードで購入した商品が破損・盗難した場合でも保険の範囲内で補償されます。(※総額50万円までとなります。)

こちらも直接韓国ウォンがなかったので問い合わせたところ、「円からドルにチャージしておいてください。」との事。
カードを保持しているだけの際には一切の費用は必要ないから、すぐに海外旅行の予定がない場合でも、「ここぞ!」のドルレートの時に「いざ!」の時のために積立感覚で入金しておいてもいいかな、と思いました。

こちらの会社ではFX口座を利用して、「外貨両替・受取サービス」(こちらだとウォンがある)という両替した現金を空港で受け取れるというサービスもあります。
また、FX口座からマネパカード口座へ資金を振替でき、FX口座に外貨を戻すときは手数料はかからなかったりと、FXの取引をしながらだったらFX口座を利用すれば更に手数料等のコストは抜群に安いと感じます。

[豆知識]店員さんに磁気ストライプではなくICチップを読み取るように伝えることと、クレジットカードのシステムを利用しているので、「Credit or Debit?」と聞かれたら「Credit」と答え、暗証番号を求められた場合暗証番号(PIN)を入力。

マネパカード


手数料などホームページを見ていてもよく理解できない私は「お問い合わせ」を利用しました。さすがにどこも丁寧に教えていただけました。

どのカードも利用にあたって魅力がありそうです。

旅行、行きたいな~。

スポンサーリンク